仕事で集中が続かない人は、ポモドーロテクニックをまず試すべきだ!

pomodoro_top

「集中して仕事をしたいけど、なかなか集中が持続しない…。」

世の多くの人が抱える悩みです。なんで上手く集中って続かないんでしょうかね…。

しかし、あるテクニックを使うと、面白いように集中力が持続するようになるんですよ。僕はこのテクニックを導入してから、確実に集中出来る時間は長くなりました。

決して怪しいものでも、プラシーボ効果のような気のせいのものでもありません。作業時間と休憩時間を一定にして繰り返すだけで集中力が持続するという技術。それが、ポモドーロテクニックです。

ポモドーロテクニックとは?

ポモドーロテクニックとは、1992年にイタリアの起業家・作家であるフランチェスコ・シリロ氏が編み出したテクニックで、より少ない時間と労力で、長時間の集中力を生み出すことが出来る技術です。この技術は世界中に広まり、多くの技術者やビジネスマンたちの間で重宝されています。

ちなみにポモドーロとは、イタリア語でトマトを意味します。シリロ氏が使用していたトマト型のタイマーから名付けられました。

25分の休憩時間と5分の休憩を繰り返す。

pomodoro02

さて、ではポモドーロテクニックの詳細を簡単に説明しましょう。

25分作業を行い、その後5分休憩を入れる。これを繰り返す。

…はい。これで説明は終わりです笑、

こんな簡単な時間管理で、長時間の集中力を生み出すことが出来るのですから面白いですね。実際に僕はその恩恵を日頃から受けているので、自分の身をもって「すごい技術だなぁ」と日々驚いています。

集中力は短い。だから区切る。

人間の集中力は15分とも90分とも言われていますが、体感としては60分前後が限界なんじゃないかな?と思います。集中出来る時は1時間くらいあっという間ですからね。

その半分ほどの25分という時間を集中した作業に当て、その語5分の休憩を入れる。つまり、短い作業時間にガッと集中して、すぐに休憩を入れる、ということですね。

集中力が落ちる前に休憩を入れて復活し、再び集中した25分作業を行う。これを繰り返すことで、大きな疲労を感じることもなく、集中力の減少を最小限に抑え、長く集中することが出来ます。

ハードワーカーたちは、短い休憩を繰り返している。

世の中には、疲れ知らずに1日中働くハードワーカーたちが沢山います。

しかし彼らは、長時間の仕事だけでなく、上手く休息を取ることに長けているのです。だからこそ、働くべき時に集中して働くことが出来、疲れ知らずの状態を保つことが出来るのですね。

ポモドーロテクニックは、集中力を生み出す為にベストな休憩時間を設定しています。作業時間よりもこの休憩が、ポモドーロテクニックの真髄とも言えるでしょうね。

休憩時間はどう過ごす?

pomodoro03

とはいえ、休憩時間5分をどう過ごすというか、というのは結構悩みどころなんですよね。

作業をやめるのは良いんですが、ただ体を休めるだけだとなんとなく手持ち無沙汰というか…落ち着かないんです。

なので、ここでは僕自身がやっている休憩のとり方をいくつか紹介しましょう。

身体を動かす。

すぐに席をたって、身体全体を動かす運動・体操・ストレッチを行います。

僕がポモドーロテクニックを使う時は主にデスクワークが多いので、身体が特定の形で固まってしまっています。

身体をほぐして血流を活性化し、より意識をはっきりさせるのにも運動は最適でしょう。

SNSをチェックする。

集中している時間は、出来るだけ1つの作業のみ集中するようにしています。

なので、SNSなどは作業時間外に見ることにしています…時折違反してしまいますけどね。まぁ完璧ではないですから笑

そのチェック時間は、この5分休憩時に取ることもあります。意識も集中した状態から上手く解けますし、ちょうど良いんですよね。

短時間のゲームを行う。

5分以内で終わるゲームをすることも結構あります。

リフレッシュにもなりますし、簡単な作業で行なえるゲームは集中力増加にもつながります。別の記事でもこのことについては書かせてもらいました。

5分の瞑想を行う。

瞑想というとちょっと大げさですが、要は5分間目を閉じて、深い呼吸を意識するんです。

すると、上手く脳が休めて、疲労が取れてスッキリした感覚になります。

あのアップル社創設者であるスティーブ・ジョブズも瞑想を大事にしていたと言われていますし、多くの世界的企業が瞑想の重要性を説いて、業務に取り入れています。

短時間の瞑想はかなり頭がラクになるので、とてもおすすめですよ!瞑想についても、過去の記事で言及しています。

仕事以外の場面でも役立つ

pomodoro04

ポモドーロテクニックは、デスクワークでなかったり、仕事時間が自身で決められない方は活用しにくいのかもしれません。

しかし、私生活の多くの場面でポモドーロテクニックは活用出来ます。勉強であったり、読書であったりね。

25分の作業時間でなくても、10分でも15分でも良いんです。作業→休憩のサイクルを繰り返すルールはどんな作業にも有効ですので、自分の生活に合った活用方法を見つけてみてください。

おすすめのポモドーロアプリ

ポモドーロテクニックは25分の集中時間と5分の休憩さえ測れれば良いので、タイマー機能がついているモノを使えば、すぐに実行することが出来ます。

ただ、せっかくなので、便利なツールを紹介しておきましょう。ポモドーロテクニック専用のアプリが多くリリースされているので、その中でも僕が実際に使っているアプリを2つ紹介します。

Be Focused(Mac・iOS)

Be Focused - Focus Timer

Be Focused – Focus Timer

Denys Yevenko無料posted withアプリーチ

こちらがメインで使っているアプリです。主にMacで起動させて使うことが多いですね。

Macのメニューバーに時間が表示されているので、あとどのくらいか、というのを見れるのが気に入っています。

ポモドーロタイマー(Android・ブラウザ)

ポモドーロタイマー

ポモドーロタイマー

Narutanposted withアプリーチ

 

Be FocusedはAndroidにはなかったので、このポモドーロタイマーをAndroidスマホには入れています(一応iPhoneとAndroidスマホの2台持ちです!)

…が、実はよく使っているのはブラウザバーション。ブラウザでポモドーロタイマーを使用出来るので、結構便利なんです。

お好きなものをお試しください!

とりあえず時間さえ測ることが出来、時間がきたらタイマーが鳴る、ということさえ出来ればなんでも良いと思いますので、自分が好きなツールを使えば良いと思いますよ!

ポモドーロテクニックで、集中力アップを体感しよう!

pomodoro05

この記事もポモドーロテクニックを用いて執筆していますが、集中力が落ちるどころか増加しているような感覚にさえなっています。まぁ増加しているかは怪しいところですが笑

少なくとも集中する姿勢に意識が慣れていて、集中が落ちにくくなっているのは確かです。

これは、誰でも簡単に行えるテクニックです。集中25分+休憩5分、これを繰り返すだけ。これだけで、集中してやるべきことをこなすことが出来るんですから素晴らしいですよね。

まずは一度、試してみましょう。きっとその効果に驚くハズです。多くの人が、ポモドーロテクニックで集中力増加を体感出来ることを願っています!