結婚だけが幸せじゃない!本当の幸せをちゃんと考えるべきだ。

marrynot_01

「結婚すれば幸せになる」

この言葉を信じる方は、結構多いと思います。

 

僕自身、結婚してからもうちょっとで2年。もちろんケンカをすることもあれば、全てが楽しいことだけではありませんが、そういった要素も含めて「幸せ」だと心から言うことが出来ます。妻のかーこよ、心から感謝だ!

 

ただ、結婚=幸せという考えは、僕は違うと思うんですよ。

この方程式が正解だと思ってしまうと、色んな落とし穴にハマってしまいます。

 

また、今自分が幸せだと思うのは、結婚すれば幸せになる訳じゃない、という価値観があるから成り立っているんです。

 

結婚はあくまでもスタート

 

まず、結婚すれば幸せになるという事は間違い。これはハッキリと言ってしまいましょう。

 

結婚は幸せなことではありますが、より幸せになるためのスタートだと思っています。

結婚という機会を通して、赤の他人だった2人が契約し、今後の人生をともに行きていこうと決断する訳です。

それは、とても大変な道のりだと思いますし、誰でも乗り越えられるものじゃありません。徐々に離婚件数は下がってきているみたいですが、それでも多いですからね。

 

だからこ、幸せを作るためのスタートラインに立つのが結婚で、大事なのはそれからの過程にあると思っています。

スポーツで言えば、プロ野球のドラフトで指名されたとか、サッカーでJクラブに入団出来たとか、そんな感じ。

 

とても幸せでおめでたいけど、大事なのは入ってから、ですよね。結婚も同じだとおもうんですよ。

結婚したから幸せになるんじゃなくて、結婚したから、幸せになる様にがんばろう!だと思うんです。

 

結婚は幸せの1つ

 

結婚して幸せになるのだったら、結婚意外のほかの幸せなんてちっぽけになってしまいます。

でも、そんなコトないですよね?

仕事もあれば、趣味もあれば、友達との大切な時間もある。

どれも優先順位をつけがたい、大事なものです。それぞれすべてが、幸せの要素だと思うんですね。

 

例えば僕の場合、仕事をはじめとした、自分のやりたいことをやる、ということが幸せの要素になっています。

自分のやりたいことが出来なくなったりしたら、とんでもなく不幸に感じると思うんですよね…。結婚という幸せがあったとしても。

 

幸せの基準は人それぞれですし、1つだけで成り立っているものじゃありません。

結婚は素晴らしいものですが、唯一無二のものかと言われれば、それも違うと思います。色んな最上級の幸せがあって、その中の1つが結婚なんですよね。

 

結婚のほかに、自分はどんな幸せによって成り立っているのかを真剣に考えて、自分自身で把握しておく。

これはとても大事なことなんです。

 

幸せを複数持ち、大事にしよう

 

これは私の考えですが…結婚、夫婦関係のみを100%の幸せと捉えるのは危険だと思っています。

結婚したことに幸せを100%感じているのだとしたら、それに慣れすぎてしまったり、ちょっと不幸せだと感じてしまったら、一気に幸せの度数は下がっていくでしょう。

 

一方で、結婚という幸せがあり、その他に仕事、趣味、子どもなどの幸せの要素があったとしましょう。

 

それぞれが幸せの要素としてあって、合計して100%の幸せがある訳です。

たとえ一時的にどれかが上手く行かなくなっても、他の幸せがあるからこそすべてが壊れずに、耐えることができるんです。

 

僕ら夫婦はまだ結婚して2年ほどですし、経験のうえでこんなことは言えません。

ただ、周りの先輩方を見ているとこの根拠が見せるんですよね。

夫婦それぞれが独自の趣味があったり、それぞれに大事なものが別にあったりします。そして、中には共通の幸せを持っていたり。

幸せの要素を複数持ち、夫婦ともに把握して理解すること。これは必須の項目なんです。

 

相手を尊敬し、自立した結婚生活を送ろう

 

恋愛と結婚はよく違うと言いますが、これは本当だなぁと最近特に思うようになりました。

 

恋愛は、相手を好きでいればそれだけでいい。

結婚は、相手を人生のパートナーとして尊敬し、一緒に歩んでいかないといけない。

 

結婚って、難しいですね(笑)だけど、めちゃくちゃやりがいがあることだなぁと思います。

幸せになるには、相手を尊敬し、相手の中にある幸せの要素も尊重しなければいけません。もちろん、自分の中の幸せも、尊重してもらいながら。

 

改めてですが、結婚すれば、幸せ、結婚が最大の幸せ。これは違います。

結婚も、そのほかにある幸せも、全て大事にしてこそ、本当の幸せがある。

 

これを忘れることなく、相手を大事にすれば、きっと幸せになれるはずです。

少なくとも、僕ら夫婦はそう思って、一歩一歩歩みを進めています。