漫画に興味がない大人にこそおすすめしたい作品10選

manga

どうも!おった〜ず旦那のれお(@reo_otters)です。

 

世の中には、いまやたくさんのブログがありますよね。

多くの人たちが色んなコンテンツを作り、多くの人に見てもらおうと試行錯誤をしております。

 

中でも、よく見かけることが出来るのは…漫画の紹介記事。

無料で読める漫画とか、〜におすすめな漫画、とか、そんな感じのもの。確かに、自分が知らない名作を発掘するには、とても参考になりますからね!

 

あれを僕もやってみよう!と思ったので書いてみたいと思うのですが、1つ問題がありました…。

 

僕…全く漫画に興味がない…!!

 

いやぁ、致命的です(笑)

紹介しようにも、全然読む習慣がないから難しいという。。

 

しかし!気がついたのです。

そんな僕でも、いくつかはどハマりして読んだ漫画があるわけで。

ってことは、僕のように漫画に興味がない人にもオススメできる作品を知っているじゃないか!と。

 

ってわけで、僕のように漫画に興味がない方でも、抵抗なく、そして面白く読める作品を、独断と偏見でまとめみました!!

 

漫画に興味がなくても大丈夫!大人が読める10作品

漫画に興味がない人が読める作品って、ストーリーの深さや、現実にリンクする様なリアル感、共感性、学びが大事になってくると思うんですよね。

これから紹介する作品はそれらの要素が必ず含まれている作品です。

 

インベスターZ

主人公である学生が、秘密裏に運営されている投資部に入り、お金についての知識を深め、巨額のお金を投資により動かしていく漫画です。

大人の多くが関心を寄せているテーマである”お金”についての知識を、わかりやすく漫画で学ぶことができる、貴重な作品です。

お金とは?お金を稼ぐ為に大事なことは?投資とはどんなものなか?など、大人が知りたい・学びたいであろう内容が凝縮されているので、オススメの一作です。

 

20世紀少年

映画にもなって広く知られている名作。

主人公が幼少期の頃に遊びで書いたよげんの書。主人公が大人になって平凡に暮らしている最中、そこに書かれている通りに世界は滅亡の一途をたどっていく…。主人公一派がその真相を探っていくというもの。

世界崩壊の首謀者である”ともだち”が誰なのか、そしてどんな結末を迎えるのか、とにかく気になってしまう名作です。

ファンタジーなんですが、とてもリアルに感じる漫画です。複線や登場キャラクターたちの個性、関係性など、多くに興味が出て、どんどん読み進めていける作品ですね。

現実世界をテーマにしたファンタジー作品なので、共感出来る内容も多いですし、何より犯人が誰なのか?が常に気になって考えながら読んでしまうので、あっという間に全巻突破してしまいますよ(笑)

 

いぬやしき

冴えない初老のリストラサラリーマン・犬屋敷が、宇宙人の力(事故)によって機会の身体となり、人知れず多くの人々を助けるヒーローになります。

GANTZを書いていた作者の漫画で、絵はとてもリアル。ちょっとグロい(笑)だけどそれがイイ!

実際にあった事件をモチーフにした内容も多く出てくるので、現実世界とリンクして読めるシーンもあります。

とはいえ、とにかく犬屋敷おじさんが見た目とは裏腹に強くてかっこいいので、それだけでも魅力がいっぱいの漫画です。強い、優しい、人の命も救える。だけど冴えないおじちゃん。このギャップがいいんですよね。

 

寄生獣

主人公と、人間に寄生する宇宙からの飛来生物との共生を描いていくストーリー。

1990年〜95年の作品なので画風も古いんですが、それが気にならないほどに面白い。深い。

最初は単純に、人間vsパラサイトというバトルが主なのですが、段々と生物とは、人間とは…を問う、メッセージ性の強い作品だという事が分かってきます。

主人公の右手に寄生したパラサイト”ミギー”が段々愛らしく見えてくるのが不思議。

 

僕だけがいない街

ある時間まで遡り、事件を回避することができる能力を持った主人公が、幼少期まで遡り、死んだ友人の死の理由を探ろうとします。

シンプルに説明しようと難しいですねこの漫画…。ファンタジーみたいな設定なんですが、引き込まれるのは事件がどう起こったのか、真相にたどり着くまでの過程にあります。

主人公が経験してきた、事件に関する転機となる時点。そこへタイムリープし、一つひとつ過去を変えながら、事件の黒幕・真犯人へ近づきていくというもの。

ハラハラドキドキしながら読める感覚は、漫画に普段触れていない僕でさえ夢中にさせてくれました。

 

聲の形

耳に障害を持つ女の子と、その子を中心となっていじめていた男の子の話。

1巻は全て見るのも辛かったです…。ただただ、いじめって辛い。子どもって残酷だなって、そう思いました…。

ただ、2巻からは彼らが成長して始まるストーリーとなります。自然と惹き込まれていきますし、人の持つ苦悩や優しさに気づける、そんな内容なんですよね。

多くの作品ファンがいて、ドラマにもなった名作。子どもがいる親も、ぜひ読んでもらいたいですね。

 

服を着るならこんな風に

どうやってオシャレしたら良いかわからないという方。この作品を見たらすぐオシャレになります。これは確実に断言出来る!

とにかく、論理的にオシャレの法則を教えてくれる漫画で、ファッションに興味がある人はもちろん、ない他人にこそ読んでもらいたい作品です。

「なるほど…こういう意識で服を合わせれば良いのか…!」と、すごく納得できる論理でファッションが開設されています。しかも、提案してくれる服のメインはユニクロ。誰だってすぐに試せるのが大きい!

絵も万人ウケするであろうシンプルなスタイルなので、スッと内容が入ってるのもマルなポイントでした。

 

ジャイアントキリング

かつて天才と言われていたサッカー選手が、古巣のクラブで監督となり、強豪チームへ立ち向かっていくストーリーです。

この漫画はサッカー好きな人はハマると思うんですが、そうじゃない人にもおすすめです。

監督、選手、サポーター。彼ら全てにストーリーがあり、それぞれが主人公のように見えるんですよね。それぞれの立場で抱いているサッカーへの熱狂がとてもリアルで、すごく作り込まれている人間ドラマがあります。

個人的にはサッカーの試合よりも、その外を描いた話が好きですね。皆それぞれの立場でサッカーに携わり、サッカーによって人生が彩られている。その姿は、多くの人が魅力に思うハズ。

 

メジャー

言わずと知れた野球漫画の金字塔。

僕はそこまで野球に興味はないんですけど、パワプロとメジャーは大好きなんです(笑)

幼少期からプロ、メジャー時代まで、どの年代の話も面白い。やっばり日本人がスポーツの世界で活躍する話っていうのはどの分野でも面白いし、また主人公のヒーロー感が王道でイイ。

野球に興味がない方も問題なく楽しめるので、気になってた方はぜひぜひ1巻から見てみてください!主人公の成長を、長い作品とともに追っていけるのも楽しいですよ。

 

BECK

音がないのに、ここまで音楽が聞こえてきそうな漫画はありません。音楽好きは読むべき作品。

平凡な高校生だった主人公が、天才ギタリストに出会ってから音楽に魅了され、バンドを組み、さまざまな障害を乗り越えながらも、唯一無二のバンドへと成長していきます。

そこには絵しかないのに、音、パフォーマンスの凄さが伝わってくるので、一瞬一瞬、一コマ一コマに魅了されます。この作品以前、以後では、音楽漫画の価値が変わったんじゃないでしょうか。

大人の方が読んだら、多分バンドを始めたくなっちゃうと思うんですよね。僕がこの漫画に憧れて、テレキャスターというギターを買いました(笑)

 

 

おまけ:これから読みたいと思ってるやつ

ちょっと興味があって、今後機会があれば読んでみたいな〜と思っている作品を書いておきます。

 

ブルージャイアント

ジャズ漫画。なかなか評判のようで気になっています。

上に書いたBECK同様、音楽が聞こえてきそうな漫画みたいなので、なかなか期待しています…。音楽漫画は気になっちゃうので、今後読んでみたいですね。