【半年ぶり】パパの寝かしつけで我が子が寝てくれたコトを伝えたい…

【半年ぶり】パパの寝かしつけで我が子が寝てくれたコトを伝えたい…

いやー…奇跡が起きましたね…。

ある時から私、パパの寝かしつけを断固として拒否し、ギャン泣きと全力の脱出してきた我が娘(1歳2ヶ月)なのですが…。

なんと、先日僕の腕の中で半年ぶりに寝てくれたのです…!

これは嬉しかった。。パパには寝かしつけは無理なんだと半ば諦めていたので、本当に嬉しかったのですよ。

同じような境遇の方はきっとそれなりにいると思うので、どんな流れで寝かしつけができるようになったのかを、1つの事例としてここに記録しておこうと思います。

【育児】パパの寝かしつけでとにかく泣く!諦めずに慣れさせるしか。。

寝かしつけを諦めるまでの流れは、こちらの記事にて。

この記事のポイント
  • 半年ぶりにパパが娘(1歳2ヶ月)の寝かしつけに成功!
  • どうやって寝かしつけに成功したのか。試してみたこと。
  • なぜ成功したのか理由を考えてみた。

一時は諦めていた寝かしつけ。少しやり方を変えてみた。

真っ暗な寝室に娘を連れていき、そのまま寝に入る(ぐずる時はすごくぐずる)という流れで娘の睡眠環境を作っていたのが我が妻のやり方。

これと同じことを僕がやろうとしても…だめなんですよ。ただただギャン泣きして、泣き止まなくなってしまうんです。

最初の方はね、粘って抱え続けたら根負けしたのか寝てくれたんですが…段々と拒否が強くなり、全然眠ってくれなくなってしまったんです。

なので一時は「もうこりゃパパじゃあかんのか…」と諦めていました。

ただ「それでも妻の寝かしつけ負担はとても大きい…」と思い、再度寝かしつけのチャレンジをすることにしてみたんです。

まぁ、難しいだろうなとは思っていましたし、あまり期待はしていなかったのですが…。

ソファでゆったりとテレビを見ていたら…。

ソファでゆったりとテレビを見ていたら…。

いつもと違う様子が…。

やり方を少し変えてみることにしました。

最近妻の寝かしつけでも手こずる場面が増えてきたので、真っ暗な部屋に連れて行ってもうまく行かないだろうと判断。

とりあえずソファに座って部屋を暗くし、テレビをつけて少し様子を見ることにしてみました。

テレビは付けていましたが、娘の視界にはあまり入れないようにしていました。あくまでも明かりと、無音をなくすために点けていたイメージです。

段々と目をこすり始める娘

最初は僕の体中を這いずり回ったり、言葉にならない言葉をしゃべったり落ち着きのなかった娘ですが、段々とおとなしくなり、目をこすることが多くなってきました。

ただ、ここまでは今までもよく見られた光景です。問題はここから…。

娘が本格的に寝に入ろうとすると、そこから戦争になります笑

寝る時の環境に違和感を感じると(要はママじゃないってこと)、「これは違う!!」と全力で泣き始め、力を入れて腕を引き剥がし、逃げ出そうとするのです…。

さて…ここからどうなるのか、緊張の瞬間でした。。

泣きながら離れようとするが、前より力が弱いような…。

思ったとおり最初はギャン泣きして、必死に僕から離れようと体をうねらせていた娘。。

しかし…何かいつもと違う様子。。「なんだろう、何が違うんだろう?」と思っていたら…少し力が弱いと感じたんです。

いつもなら「ほんとに子どもかいな!」というくらいの力で逃げ出そうとするんですが、今回はそこまでではなく、割としっかり抱くことができていました。

この時点で「あれ、これは今回違うのかも…」と少し希望が見え始めていましたね。

一瞬寝る、また起きる、泣く、を繰り返し始める。これは…。

ギャン泣きも、少しうるさいくらいに泣く、くらいに収まっていました。

体力も消耗しつつ、眠気も重なりつつで、体をうねらせながら急にフッと落ちるわが娘。。

「ついに寝たか!」と思いましたがこれはぬか喜びで、その後すぐに起きて再び泣いてしまいます。うぅ…。

でも、泣く、寝る、起きる、というルーティンを僕の腕の中で繰り返し始め、「これはいける!」と思いました。

すんなりはいきませんが、もういつもの様に「何が何でも脱出してやるぞ!」という様な嫌がり方はありません。

あとは優しく抱きかかえつつ、時が過ぎるのを待つだけ…といった状態でした。

完全に寝た…!半年ぶりの寝かしつけ成功!!

格闘し始めて30分くらいでしょうか。

ついに…ついに…。パタッと僕の胸に頭を落とし、寝息をゆっくり立て始める姿がそこに現れたんです!

5分ほどソファでじっとしてても起きる様子がなかったので、そろりそろりと寝室へ移動。大事に大事に布団に降ろし…半年ぶりの寝かしつけが成功したのでありましたー!!

めっちゃ嬉しかった…。実は布団に降ろす時に起こしてしまって、もう10分くらい格闘したけど笑

無理に寝かそうとせずに、自然に一緒にいることが大事なのかも。

妻と一緒に喜びを分かち合った後、冷静になってなぜ上手く行ったのかを考えてみました。

まず今までは、夜の雰囲気を無理やり作ってたのが良くなかったのかなぁと思うんですよ。

妻はしっかり「もう夜の寝る時間ですよ」感を作っていて、娘も「もう夜の寝る時間だ」というのを理解していたと思うんです。そして、慣れた妻に抱えられて寝ていた、という流れ。

そりゃ同じ環境を作って、寝床が普段と全然違ったら嫌ですよね笑 しかも真っ暗だし、怖いことでしょう。

ちなみに僕は、朝寝、昼寝はすんなりさせることができるんです。多少ぐずりはしますが、割とすぐ寝てくれる感じ。

だから、昼間に近い感覚にしたほうが良いかなぁと思って、今回のソファ作成を実行してみたんです。

本当は真っ暗にしたほうが良いし、テレビを付けてるのはよろしくないとは思うんですが。

結果、娘も変に身構えることなく、上手く睡眠に移行してくれたのかなって、そう思っています。

なんにせよ、本当に良かった。何度も書きますが、めっちゃ嬉しいです…。

こんな寝かしつけに使えるものがあるんですね…1、2年後には試してみたいな…!

眠る環境ではなく、リラックスさせる環境にする

色んな方法があるので僕が試したことは、たまたま我が子に合った方法だったのかもしれません。

ただ、寝かせるのではなくリラックスさせる環境を作ることは結構効果があるんじゃないかなぁと思います。

リラックスさせて、パパ相手でも「仕方にない、今日はここで寝るか」みたいな気分にさせてあげる事ができれば、段々と寝てくれるようになるんじゃないかなと。

僕は最近まで夜の寝かしつけはほぼ諦めていましたが…チャレンジの結果、なんとかなりそうなところまできました。

もし夜の寝かしつけで苦労しているパパさんの、ちょっとした参考になる記事になっていると嬉しいです!

後日談
3日間続けて、パパで寝てくれるようになりました…!ママも大喜び!このまま継続していきたいと思います。本当によかった。。