これからは儲かる仕事より、やりたい仕事を複数持つべき理由

これからは儲かる仕事より、やりたい仕事を複数持つべき理由

今、近くのコンビニの店員さんが

「来週から5月までお休みになるんです…今日通達があって」

と仰ってました。

 

コロナショック…。緊急事態宣言が発令されて、各企業が経済活動自粛に動き始めたみたいですね…。

ちなみにうちの会社は、多少影響を受けつつも動いています。なんとか、食べるには困らなそうです…今のところは。

儲かっている仕事だって、今回のような大事件、大災害があれば、残念ながら一瞬で売上ゼロ、ということが有り得ます。コロナウイルスの影響を見ていると、決して低い可能性じゃないですね…これは。

今後は、儲かる仕事だとしても1つの仕事に就くことはリスクになってしまうのかもしれません。

僕は、自分がやりたいこと、好きなことをいくつか仕事にしていくことが、これからの時代を生きていく為に必要なんじゃないかと思うのです。

誰が予想できたか。コロナショック

こんなこと、誰が予想出来たでしょうか。

コロナウイルスの影響は中国だけに留まらず、ほんの2、3ヶ月で世界中の問題と化してしまいました。

コロナウイルスが原因で発症する肺炎も脅威ですが、それと同様に経済へのダメージもかなりのものです。リーマンショック以上とも言われていて、世界中で失業者数は上がり、企業の倒産が相次いでいます。

確実に、未来の教科書に大きく載るであろう大災害です。こういった問題の渦中にいると、最悪の事態というのは、以外に起こってしまうものなんだな…とも思ってしまいますよ。

儲かる仕事を選んでも、なくなってしまうかもしれない…。

先程も書きましたが、どれだけ儲かっていたり、安定している仕事があったとしても、今回のような大災害に遭ってしまえば一瞬で仕事がなくなってしまいます。

本当に恐ろしいことです。現に、僕の周りでも立ち行かなくなってしまった人、売上がなくなって不安な毎日を送っている人はたくさんいます。

今までは良くても、これからは悪くなってしまうかもしれない…。最悪のケースを常に考えた対策が、今後の仕事に求められるのかもしれません…。

やりたい仕事をやろう、後悔のないように

僕は、こんな時代だからこそやりたい仕事をやってみるのが一番だと思うんです。

やりたい仕事をやり、没頭し、その道で高いスキルを身に着けていく。

やりたくないこと、やらなくても良いことを仕事にするよりも、やりたいことを意欲的に行うほうが成長しやすいものです。

そして、もし最悪の事態があった時にどうすれば良いか、ということも一緒に考えるべき。

前向きに、意欲的に取り組んだ仕事であれば、最悪の事態が起きたときにどうればよいか、その答えもより良いものが導けるはず…。

よりロボットの作業が社会に流れていく

コロナウイルスの影響が落ち着き終息を迎えたら、確実に世の中は、ロボット隆盛の時代を迎えるでしょう。

現場作業の殆どをロボットでまかなえるのであれば、今よりもっと経済に与える損失は少なかったはずです。

今後はよりロボットが現場に進出し、人間の手を借りずとも仕事を行えるようになっていくでしょう。

ちょっと前なら「いやいや、あと何十年先の話だよ…」と思っていたかもしれません。でも、このコロナ騒動を見ていると、「これは思ったよりもすぐそんな時代がきそうだな…」って思うんです。

合理的に考えて、もうこんな経済危機が起こらないようにするためには、人の手ではなく、機会の手で仕事を行った方がいいに決まっていますからね。

自分の仕事は未来にも存在しているのか…想像してみることも大事ですね。

人にしかできないことをやろう

ロボットがどんどん社会へ進出し、より技術が進歩していけば、人間の活躍する場は少なくなってきます。

その時人間に残された仕事は、人間にしかできないクリエイティブな仕事が大半になります。

そんな時代で生き残っていくためにも、好きなことを仕事にすべきです。好きなことに夢中になって、自分にしかできない発送で、ロボットにはできないスキルや表現をしていく必要があります。

じゃあどうればよいのか…それを、身動きの取れないこの時期に考えると良いでしょう。大丈夫。時間はあります。

今空いた時間で、自分の好きなこと、やってみたいことを少しずつでいいから、試してみてはどうでしょうか?

いろんな可能性を含めて、ゆっくり、しっかり考えてみましょう。

ちなみに、ロボットが暴走するアイロボットという映画が昔ありましたね。ウィルスミス主演のやつ。これ、僕好きだったんですけど、こんな世の中がいつか訪れるんでしょうか…。

複数の仕事を持ち、リスクを減らす

最悪の事態をどう避ければよいのか、という具体的なことも、今後は考えていく必要がありますね。実際、最悪なことが起こってしまったのですから…。

僕は、複数の仕事を持ち、収入やスキルを分散するというこのが一番理にかなっていると考えます。

僕自身この方法で、コロナウイルスの打撃を回避できたからこそ、この方法を多くの人にとってもらいたい。

1つの仕事にダメージがあっても、他の仕事が生きていれば、最悪の状況は免れることができます。

収入源が完全に絶たれてしまえば、生活のすべてが狂ってしまいます。それを防ぐためには、できるだけ色んな方法に収入源を作っておくことが大事です。

僕が複数の仕事を持とうと考えたのは、この本に出会えたから。複業に興味のある方は、ぜひ一度読んでみてください。

ベーシックインカムがスペインで実施?

すべての国民に、毎月一定額を給付する(そのかわり、多くの社会保障をなくす)というベーシックインカムという方法があります。

これを行うことで人間は不要な労働から解放され、自分のやりたいことや好きなことを仕事にしやすくなると言われていますが、財源の問題などもあり、未だ国単体で実施されたことはありません。

スペインはコロナウイルスによって、人的にも、経済的にも大きなダメージを受けている国。そんなスペインがベーシックインカムを開始するという報道がされましたが…どうやらすべての国民対象ではなく、一部が対象の生活保護のようなものとのこと。

しかし、コロナウイルスの影響をきっかけに、ベーシックインカムを導入する国が出てきても不思議じゃないですね。

もしそんな国がでてきたら、そこからまた時代は新しいゾーンに入っていくと思うんです。…密かにその時代を期待しているんですよね。

自分にしかできないことをたくさんやってみよう

非常にネガティブになりがちな時です。今は。

ただ、確実に今が時代の転換期だとも思うんです。仕事や幸せの価値観が、世界中でがらっと変わる時のはず。

こんな時だからこそ、これからは自分のやりたいことをやってみる、という生き方にシフトしていくべきなんです。

やりたくもないことに忙殺されて、いつのまにか毎日が過ぎていくなんて、おかしいじゃないですか。

本当に夢中になって、楽しく、没頭できることで人生を満たしていくこと。

そんな仕事を多く作り、最悪の事態に備えておくこと。

これが来年以降、必要になってくる生き方なんだと思っています。僕は自分と身の回りにいる人たちのために、この生き方をより磨いていこうと思います!