【パパの育児】パパと1歳児の娘。ママの代わりにどうやって過ごしているの?

どうも。最近娘が1歳の誕生日を迎えました!嬉しくて仕方のないパパのれおと申します。

我が家では子ども保育園・幼稚園へ入れることが出来ていないのですが、週に一度は僕が子どもを見て、嫁がパートの仕事に出る、という日を作っています。

最初は「子どもと1日…どうやって過ごそうか…」と少し迷っていたのですが、最近なんとなく自分なりの過ごし方が出来てきたのです。

この生活を通して思ったのは、少しの時間でも子どもとパパが一緒に過ごせば、一時的に家事育児から開放されるママは楽になりますし、パパも子どもとの絆が強くなるはず、ということ。

できるだけパパに多く子ども触れ合って欲しい!と思うので、僕がどう1日子どもと触れ合っているのかをここに書いていきたいと思います!

れお

我が子との1日の過ごし方を紹介します!

パパの1歳・娘との過ごし方

6時子ども起床。着替えと離乳食を食べさせる

我が子は大体夜7〜8時くらいに寝て、6時くらいに起きます。ママの体の上で笑 いつのまにか登っちゃうみたいですね、かわいい…。

子どもが起きたらお水を飲ませて、オムツ交換。そしてパジャマを脱がせて私服に着替えさせます。

(上着はご飯時に汚してしまう可能性が高いので、この時はまだパジャマのままですけどね。)

離乳食を作るのは今のところママのお仕事。少しずつ僕も覚えさせてもらってますが、まだママに任せている部分があるので、上手く引き継ぎたいところ…。

7時30分くらいには離乳食を食べさせて、8時前には食べ終わっていますね。

7-9時はEテレタイム!ありがたい時間。。

7-9時はEテレタイム!ありがたい時間。。

Eテレは良い番組が多くて僕も娘も大好きです笑

7時くらいからは基本ずっとテレビを付けて、Eテレを見させています。

…というか、僕が見たいんです笑 子どもが生まれてからすっかりEテレファンになってしまいました!

子どもはオートンやおかあさんと一緒、ピタゴラスイッチなどがお気に入りのようです。僕もおなじ。あとデザインあ、がめちゃくちゃ好きですね!

子どもが集中して大人しくなってくれる…というのもありがたいのですが、大人も一緒になって楽しめる番組が多いので、Eテレ素晴らしいなぁと毎日感動しておりますよ。。

10時ママ出勤!パパと遊ぶ時間!

10時ママ出勤!パパと遊ぶ時間!

ママが出勤しても全然泣かない娘。すぐ自立しそうや…。

10時になったらママは仕事へGo!この時間からパパと娘の2人だけの時間となります。

ママが出発するくらいにいつも娘が眠くなってくるので、ここで一度朝寝をさせます。

いつも30〜40分したら起きるので、そこから11時半くらいまではとにかく遊びますね!あとは買い物かな?近くの公園で遊んだり、スーパーへ一緒に買い物に行ったりしています。

娘が最近歩けるようになったので、公園で遊ぶのはとても楽しくなりました!色んなものに興味を持って歩き回る様子がとても可愛くて、いつまでも見ていられます。

まぁ、見ていないと何でも口に持っていくので見てなきゃいけないってこともあるんですけどね笑

12時からはお昼ご飯!食べる食べる。。

一心不乱に食べる娘。。めちゃくちゃ食べる。。

12時頃には離乳食を食べさせます。

主に市販の離乳食を使うことが多いのですが、ママにレクチャーしてもらいながら、少しずつ簡単な離乳食は作れるようになりました。

娘はほんっっっとうによく食べるので、ひと通り食べても

「足りないんじゃぁぁぁぁ!!!」

と、さらなる食物をねだってきます笑

そんな時はフルーツをあげたりして、なんとか対応していますね。。しかしめちゃくちゃ食う…これは僕ではなくママの血だ…。

14時くらいに昼寝。そしてまた遊ぶ!

14時くらいに昼寝。そしてまた遊ぶ!

お昼寝後はひたすら遊びます!

14〜15時くらいにはまた眠気がくるようで、そこで昼寝をさせています。ここで2時間くらい寝ちゃう時もあるんですけど、大体は1時間前後で起きますね。

起きるまでは洗い物をしたり、自分の仕事をしたり、ちょこっと動画を見たりしています。束の間の休息時間。

で、起きたらまた遊ぶ!

家の中でかくれんぼをしたり、とにかく抱えて走り回ったり。また外に出て散歩したり、はたまたキッズアニメをつけてみたり、色々やっていますね!

17時、ママ帰宅!ご飯はパパ担当

17時、ママ帰宅!ご飯はパパ担当

週に1度のパパ料理日!結構すきな時間。

17時になったら待望のママ帰宅!ママが帰ってきた時の娘の笑顔、パタパタと走り寄っていく姿が可愛くてしゃーないんですよ。。

そこでママと分担できる家事はしつつ、ご飯はパパが作ります。段々と料理が楽しくなってきたので、このまま色んな料理を習得していこうかなと!

ちなみに、普段からこの本にはお世話になっております。家族にもですが、自分のためにササッと作るのにもオススメです。

寝かしつけはいまだママ…。1日終了!

寝かしつけはいまだママ…。1日終了!

寝かしつけはパパには出来ず…。悲しい。。

過去の記事にも書きましたが、どうしても寝かしつけだけは僕には出来ないようです…。

【育児】パパの寝かしつけでとにかく泣く!諦めずに慣れさせるしか。。

僕が寝かしつけをしようとするとギャン泣き。。うーむ…朝寝、昼寝は全然大丈夫なんだけどな。。謎。

 

お風呂は一緒に入って、着替えさせて一丁あがり。

ママに寝かしつけのバトンを渡し、パパデーが終わりを告げるのであります。

1日パパが子どもを見るだけで、その大変さが実感できる。

1日子どもを見て、世間のママたちの言う「ちょこっとやっただけで、やった気にならないで!」という言葉の意味がわかってきました。

確かに、一回育児っぽいことをやったとしてもしょうがないんですよね。本来は1回とか2回とか回数ではなくて、継続的にずっと、毎日続くものなんですから。

それに僕の場合、丸一日1人で子どもを見ている訳ではないですからね。

厳密に言えば、ママが仕事に行っている間の半日分です。ママはもっともっと長い時間子どもと向き合わなくてはいけないので、どれだけ大変なことか…。

ママに変わって子どもを見る、ということも大事ですが、この事実に気づかせてくれる、という意味合いのほうが強い気がしますね。子ども1対1で過ごす日には。

れお

子どもと1日過ごす中で、ママへのありがたみが本当によく分かる…

楽しいけど大変。時に辛い。それをわからなくてはいけない。

1日子どもと一緒に過ごしてみて、とても楽しいですし嬉しいんですよ。

1対1で向き合って生活ができるし、子どもの色んな表情や成長を見ることができるんですからね。仕事ばかりしていたら気づけない部分です。

ただ、それと同時に大変さや辛さもあります。常に子どもを見ていなければいけないし、子ども中心の生活を送らなきゃいけない。

ちょっとした時間があれば少しずつ仕事をしようかな…と思っていたんですけど、子どもが寝ている時以外はまったく出来ず笑

大人の世界でここまで他人の軸・ペースで生活することってないですからね。ある意味仕事のほうが全然楽だとも感じますよ…。

この事実を多くのパパは知るべきだと思いますよ。僕もまだまだ、大変さの一部を体験したに過ぎないんですけどね。

れお

もちろん、仕事は仕事の大変さもあるし、お互いへのリスペクトが1番ですけどね!

最低週1のパパデーを社会に推進していきます!

週1でパパが子どもを見る日があれば、きっと日本はがらっと変わると思うんですけどね!

仕事で大変なパパたちが多い分、自分の意志ではなかなかそんなことは出来ないと思います。

でも会社がそういった仕事の形を考えてくれれば、パパたちの家庭への関わり方も変わって、きっと世の中も雰囲気も一気に変わってくると思うんだけどなぁ…。

まぁ、言うのはタダなので好き勝手言っております笑 世の中のパパたち、ぜひ1日子どもと1対1で向き合ってみてくださいね〜!

れお

週1はパパと子どもが2人で過ごすパパデー。色んなことが学べるからみんなやるべきだよー!