離乳食作るのが面倒という方向け!簡単栄養満点パングラタンレシピ

離乳食作るのが面倒という方向け!簡単栄養満点パングラタンレシピ

育児に追われすっかりブログはご無沙汰になってしまいました…妻のかーこです。

娘も10ヶ月になり、育児にもすっかり慣れた…と言いたいところですが、離乳食に夜泣きに日々消耗しております…。きっと同じ方も多いハズ…。

ということで今回は、ズボラな私が2日に1回作ってる、簡単パングラタンレシピをご紹介します!

毎日の離乳食の準備に疲れているママさんたちにも、ぜひ見てもらいたいレシピです!

かーこ

パングラタンは簡単で便利ですよー!

簡単パングラタン・レシピのポイント

簡単パングラタン・レシピのポイント

簡単パングラタンを作るに当たり、3つのポイントをまとめてみました。参考としてどうぞご覧ください!

冷凍かぼちゃを使う

冷凍かぼちゃはカットされている上に、レンジでチンするだけで柔らかくなるので、離乳食初期から愛用しています。(普通のかぼちゃはカットして煮る工程が面倒!)

カットされたかぼちゃはサイズがバラバラですが、だいたい1回につき1個使っています。(多いときは余った分を冷凍しています。)

合わせる食材は何でもOK

かぼちゃの自然な甘みがあるので、どんな野菜でも合います。

娘はカミカミ期なので今回は冷凍コーンとアスパラを荒く刻んで使いました。7〜8ヶ月の子なら柔らかくした玉ねぎほうれん草がおすすめ。

味付けは粉末タイプのベビーフードを使用

和光堂のお湯で溶くだけで簡単に味付けができる粉末タイプのベビーフードを愛用しています。

徳用タイプは必要な分だけ使えるので一袋あるととっても便利。

今回はホワイトソースを使いますが、このシリーズの和風だしやコンソメも毎日使っています(いろんな調味料が使えるまでは本当に重宝しますよ)

パングラタンの作る手順

手順1
解凍
野菜やお肉を解凍。(たんぱく質はひき肉やツナを使うことが多いです。)
手順2
パンを豆乳に浸す
パンをちぎって耐熱皿に並べ、豆乳(牛乳や粉ミルクでも)でパンを浸す。
手順3
ホワイトソースで合える
潰したかぼちゃと野菜やお肉を混ぜ、ホワイトソースで合える。
手順4
トースターで焼く
パンの上に3と粉チーズをかけて、トースターで3〜4分焼く。(火は通っているのでほんのり温まる程度に。)

トースターで焼くとお皿は熱いですが、中はほんのり温かいくらいなので、冷まさずにすぐ食べさせることができます!

だいたい10分くらいでできて、一皿で栄養満点のレシピ。

忙しいときや作るので面倒だなって時にぜひ試してみてください!

離乳食作りは大変。だからこそ簡単、手抜きが大事!

離乳食作りは大変。だからこそ簡単、手抜きが大事!

簡単パングラタン。娘はいつも感触してくれてうれしいかぎりです!

こういったレシピが、誰かの助けになれば嬉しいですね…!

離乳食は3回食になっているため、毎食準備して食べさせて片付けして…これだけでかなりの労力がかかります…。

結局、毎日3回の離乳食のことばかり考えていますね(泣)

大人と同じものが食べられるようになれば、ぐっと楽になるんでしょうけど…まだとろみをつけたり、細かく刻んだりと気にしなくてはいけない月齢なので、余計に手間がかかります。

でも、だからこそ簡単にすませられるズボラ飯の知識もついてくるというもの。いかに簡単に、手を抜いてズボラにやるか、というのもとても大事ですね。

自分なりのブログを、今後も更新していきます!

先日旦那のれおがこんな記事を書いていましたので、今年はちゃんと書いてみようと思い、再びブログを作ってみました!

まずは楽しんで内容は気にせず、書くことだけを目標に更新していこうと思います!

かーこ

今年はがんばって書いていくぞー!

れお

ちなみに、旦那の僕はこの本にハマっております。ズボラなレンジ調理素晴らしい!