iPadの入力でローマ字変換が候補に出てきてイラッ… 解決法はシンプルでした!

iPadの入力でローマ字変換が候補に出てきてイラッ… 解決法はシンプルでした!

どうも。最近購入したiPad Proに必死で慣れようとして、日々の作業をほぼiPadで行っているブロガーのれおです。

段々とiPadにも、iPad OSにも慣れてきたのですが、一つイラッとすることが続いていたんです。

それが、文字の変換。

普段スマートキーボードを使って文字入力を行っているのですが、なぜか文字の変換候補に、必ず英字で変換候補が出てきてしまっていたんです。。

なぜ英字に変換しようとする…!

文章で説明しようとするとなかなか伝わりにくいかもしれませんね。

では、画像にて事情を説明いたしましょう…。

なぜ・・・

なぜ・・・・・

こんなことに

なってしまうのでしょうか・・・

こんな形で、何をやっても大文字英語に変換されてしまうんです…。

もちろん、英語だけが変換候補じゃないので、隣移行にある変換文字を選択すれば良いのですが…めちゃくちゃ不便だしストレス溜まるじゃないですか。

文字変換って、頭で考える間もなくスペースキーを押して一発で変換するもの。

そんな意識が当たり前かのように頭の中にありますから、変換に時間をかけてしまうのストレスも溜まりますし、作業・仕事にも支障をきたしてしまいます…

ではどうしたら良いのかと、色々調べてみたんですが…答えはコイツでした。。

犯人はCapslock!

犯人はCapslock!

一番左下のCapsLock…お前か!!

お前か…お前だったんか…きゃぷすろっく!!

ネットでさらっと検索した結果、Capslockが犯人だということが分かりました…。

どうやらCapslockを有効にしてしまうと、日本語文字入力でも1番はじめの変換候補が大文字英語になってしまうらしいのです。

ってことで、入力時にCapsLockを押して外してしまえば…

元に戻りました!

元に戻りました!なんて簡単なことだったんだろうか…。

慣れていない機種を使うと、こういうことが起こるんですね。

でも、そもそもCapsLockって、英語入力の時に大文字固定にするだけの機能だと思っていたんですよ!

PCでも同じこと起こったっけ…?たぶんなかった気がするんですが…まぁ元に戻ったのでよかったとします!

れお

すぐに直ったので良しとします!

念のため…設定からでも変更可能

キーボードのCapsLockを解除するだけで簡単に解決できる問題ですが、念のため設定からも解除できる方法を載せておきます。

設定を開き、一般からキーボードをタップしてください。

設定を開き、一般からキーボードをタップしてください。

CapsLockの使用という欄があるので、タップして解除します。

すると、CapsLockの使用という欄があるので、タップして解除します。これで表示が緑のONから灰色のOFFになり、CapsLockは解除、変換候補に大文字英語は出なくなります。

このキーボードの設定で、キーボード関連の様々な指定をおこなうので、覚えておきましょう!

大文字英語が出てきたら…CapsLockをオフ!

イラッと加減が大きい割には結構小さな問題でした…。

新しい機器を触る時にはこんな感じで、小さな設定ミスが多く出るものです。今後も色々頭を悩ませるのかと思うと気が思いやられます…。

ただ!僕にはブログがあるので、問題が出たらそれを解決し、都度ブログに書いていきたいと思います!

ブログって、なんでもコンテンツになるから便利だよなぁ…。

れお

困難さえもコンテンツになる…ブログって素晴らしい!というお話でした笑