完璧なモバイルバッテリー!Anker PowerCore Fusion 5000

anker_top

どうも!旦那のれおです。

 

今回はガジェットのレビューをしたいと思います。

ANKERのモバイルバッテリーを購入してからしばらく経ったので、ここまでの感想を述べていきたいと思います!

 

購入したのは、Anker PowerCore Fusion 5000。

電源プラグがついているモバイルバッテリーで、急速充電器としても使える便利なガジェットなんです。

 

発売直後は売り切れ続出で、購入すら難しい状態でしたが…だいぶ今は落ち着きました。

という訳で、このタイミングで私も買ってみることにしたのです。

 

Anker PowerCore Fusion 5000の外観

anker-001

見た目はこんな感じ。クレジットカードよりもやや小さいくらい。手のひらに収まるくらいの大きさですね。

上部のボタンは、電気残量の表示と、ケーブルをデバイスへつないだ時に、電気の供給を開始するためのものです。

 

anker-002

電源プラグ付き。これがAnker PowerCore Fusion 5000の一番の特徴です。

ありそうでなかったこの電源プラグ付きモバイルバッテリー。この登場が本当に革命的でした…。

 

anker-003

急速充電のUSBポート×2、マイクロUSBポート×1です。十分ですね。

私は主にUSBポートを使っています。ほとんどの人がそうかな??

 

プラグ付きがこんなに楽だとは。

anker-005

これが一番の特徴なんですが…モバイルバッテリー、プラグ付くだけでこんなに楽で、使いやすくなるものなのかとびっくりしました!!

 

モバイルバッテリーって便利なんですけど、使うのが億劫になっちゃうんですよ。

モバイルバッテリー自体を充電するのにも、コンセントからケーブルをつなげて充電しなきゃいけないですよね。

この準備が嫌というか。バッテリーを充電するのにわざわざケーブルを用意しなきゃいけないなもめんどくさいし、だったら使わん!ってなっちゃうんですよね。

とにかく充電できるときにスマホやガジェット類をしっかり充電しておけば良い話じゃないかと、そう思って全然使わなくなったんですよ、モバイルバッテリー。

 

でも、このバッテリーはプラグ付。このバッテリーを通常の充電器としても使えるし、モバイルでも使えるという優れもの。

結果、めっちゃ使ってます今。本当に使いやすし、便利です。

 

充電はスマホ→バッテリーの順。

anker-004

スマホを充電するとしたら、まずスマホから充電されます。

スマホの充電が完了した時点で、自動的にバッテリーへと充電が切り替わります。

ということは、スマホを充電させてそのままにしておけば、勝手にバッテリーも充電されていくんです。

今まではスマホはスマホで、バッテリーはバッテリーでそれぞれ充電をしなければいけませんでしたが、この製品で二つの目的を一気に果たすことができるようになりました!

 

容量の低さが気にならない。

容量は5000mA。決して多くはありません。iPhoneの大きいタイプなら、1.5回程度充電できるぐらいの容量です。

ただ、この少ない容量は全く気になりません。全然デメリットにもならない!

 

容量が少ない分充電もしやすくなっていますし、これが足りないという場面に出会ったことはまだありません。

普通のバッテリーなら、充電するのがめんどくさくて使わないこともしばしばでしたからね。

まだ進んで使っているだけプラスなんですよ笑

 

これだけで文句なしの評価

anker-006

プラグが付くだけで、本体の充電を気軽に行いつつ、かつモノの充電もできる。

気軽に充電できる(つい充電しちゃう)からこそ、容量の低さは全く気にならないんです…。最強か!!

 

Anker信者な私ですが、今まで買ったANKER製品の中では間違いなく最も買ってよかった!と思う製品です。

シンプルだからこそ、便利。

これは真理ですね。。余計な機能はなく、ただ長所となる一点が素晴らしく優れていると。

 

モバイルバッテリー購入を考えているあなた。ぜひ一度、こいつをお試しください!絶対に気にいること間違いなしです!!

気に入っているからこそ、ゴリゴリにおすすめしてしまうれおでした。