誰でも幸せになれる方法。それは、ミニマリストになること。

現代最強の生き方は、ミニマリストだという事実

どうも。れおです。

最近ミニマリストの生き方にめちゃくちゃ興味が湧いてきて、日頃からいろんなミニマリストのライフスタイルをチェックする様になっています。

中でもミニマリストしぶさんは特に影響受けています。ブロガーとしても有名でしたし、最近はYouTuberとしても唯一無二の存在感を出しているので、毎回興味深く動画を視聴しています。

 

色々とミニマリストたちを見てみて感じるのは、

「現代はミニマリストになるのが一番最強なんじゃないか…?」

ってこと。もっと簡単に言うと、現代で幸せになるには、ミニマリストになるのが一番じゃないかなぁと。

ミニマリストとは?

minimalist_retop ミニマリストから学んだ幸せになる6つのヒント

ミニマリストとは?というところからスタートする方は、ぜひ↑の記事を見てみてください。この記事にもミニマリストについて、僕的考察を色々書いていますので。

書籍で言えば、ぼくたちに、もうモノは必要ない。という書籍がとても有名です。ミニマリストがどんな生き方をしていて、その生活にどんなメリットがあるのかを書いてくれています。こちらもおすすめ!

現代で最も合理的な生き方、ミニマリスト

現代で最も合理的な生き方

ミニマリストの生き方は最強。

そう思う理由は、彼らの合理的な生き方にあります。

物に溢れた時代だからこそ物を手放すことに重きを置き、身の回りに残すものにこだわる。そんな生き方。

要は、人生の取捨選択に秀でている、洗練されている人達ってこと。ミニマリストたちは、現代に合った生活の取捨選択ができる人たちなんです。

余計なコストを省き、自分に合った幸せをチョイスしやすくしてくれる生き方ですね。

ミニマリストのイメージは「貧しそう」?

ミニマリストのイメージは「貧しそう」?

ただ、多くの人がミニマリストに感じているイメージが良いものばかりとは限りません…。

例えば、こんなイメージもちらほら…。

  • 「貧しそう」
  • 「無理してそう…」
  • 「元気がなさそう」

という感じ。確かにこういったイメージはあるかも…。。特に最初に挙げたミニマリストしぶさんは、パッと見特にこう見えてしまいます笑

でも、そんなことないんですよね。そう見えてしまうのは、彼らがあまりにも効率良く生活し、僕らの生活とはまた違った価値観を持っているからなのでしょう。

ミニマリストが幸せになれる理由とは

ミニマリストが現代に最適化されている理由

ミニマリストが現代にフィットしていて、かつ幸せになれる理由は、主に4つ。

無駄なモノは極限まで省く

現代はなんでも手に入る時代だからこそ、ついいらない物でさえ手に入れてしまうことが多いです。

ミニマリストは、必要なもの以外はどんどんと断捨離し、身の回りから取り除いていきます。

その為、本当に自分が必要としている物を把握することができ、いらないモノに余計な意識を向ける機会を減らします。それだけで余計なストレスはなくなりますね。

もちろん、モノがなくなることで物理的なメリットもあります。

  • 家のスペースが広くなる
  • モノをなくさなくなる
  • 必要なモノがすぐに見つかる
  • 視覚的に疲れなくなる

モノが多すぎて消耗するよりも、ずっと精神的にも、物理的にも健康になるのは明らかでしょう。

自分の好きなものにはこだわる

これが一番、ミニマリストの生き方で好きな部分なんです…!

いらないものは省いてく分、とことん自分のこだわりや好きなものには妥協しないということ。

ミニマリストが貧しそうに見えるのはモノが少ないからであって、実は1つ1つのモノにはこだわりを持っているので価値があるものが多いんですよね。

僕もこの部分はすごく参考にしていて、あまりモノは購入しない分、ここぞという時にはしっかりとこだわったモノを購入する様にしています。

ちなみに、僕が日常的に使用しているバックパックはIncaseというapple公認のもの。日常的に使うからこそ、少々高めでもこだわり重視で購入しました。3年ほど使用していますが、今でもへたれずに使用できています。

最先端の機器を最大限に活用している

ミニマリストはただモノが少ない訳ではなく、最先端の機器を、数少ない所有物に選んでいることが多いです。特に家電製品にその傾向はよく見られます。

テレビや洗濯機、食洗機や照明、近ごろ流行になりつつあるスマート家電など、多くの機器をその時代最先端のものにしている人は少なくありません。

これはとても合理的な選択です。数少ない所有物にその時代最先端の技術を取り入れることで、物が少なくても十分な満足感を得ることができます。

もちろん、ただ満足感を得られるだけでなく、実際に役立つものを最小限にそろえている訳ですから、生活は無駄なく便利なものになっているんですね。

周囲の施設を上手く活用している

ミニマリストは家に置くものを最小限にしている為、一般人が持っているものを持っていないことが多々あります。

例えば仕事・作業用のディスクを置いていない人もいますし、調理器具を一切持っていない人もいます。

一見不便なようにも思えますが、その分、身の回りの施設をうまく活用していることが多いみたいです。

食事は外食にしたり、風呂は銭湯やスポーツ施設を活用したり、仕事はカフェやコワーキングスペースをうまく利用したりと、足りない要素は外の施設で補うようになっています。

家の周りの環境されたと思っていれば、自宅にないもの、もうまくカバーできるようになり、それほど不便には感じなくなるみたいですね。

(正直これに関しては、僕は真似できないかもしれません笑)

現代だからこそ可能な生き方

現代だからこそ可能な生き方

色々とミニマリストの価値観や生き方について書いてきましたが、ミニマリストという生き方は、現代だからこそ成り立っているものだと思います。

家にものが少なくても生活を豊かに保つことができるのは、人間史上、最も豊かな時代になっているから。

飢えることも少なくなり、PCやスマートフォンがあれば、仕事からエンタメまで充実した体験を得ることが出来ます。

その中で生まれた生き方が、ミニマリスト。無駄なものを省き、本当に必要なものにこだわる生き方です。

時代が進む中で、モノは所有するものじゃなくなり、シェアするものへと変わっていくでしょう。そんな世の中の動きに最適化されているのが、彼らなんだと思います。

すべてじゃなくても、参考にはしたい幸せな生き方

ミニマリストの生活は、人によってはとても難しいものに思えます。しかし、全てを真似することは難しくても一つ一つの考え方や行動を参考にすることはできます。

彼らの生き方を参考にして、物に溢れた現代を、どうやったら幸せに生きれるか。今1度立ち止まって考えてみるのも、とても大事なことだと思いますね。

僕も改めて無駄なものをなくし、本当に必要なものだけで生活できるよう、自分の生活を見直していきたいと思います!