実践したからこそわかった、結婚式費用の節約術5選!

wedding_top2

どーも。妻のかーこです。

結婚式ってすごくお金がかかりますよね。
でも一生に一度のイベント。誰だって妥協はしたくないはずです。

ただ、全てにお金をかけてたらとんでもない費用になってしまいます!我慢すべきところは我慢して、頭を使って準備をしなければなりません。。

そこで今回は、私が自分の結婚式で行った節約術をご紹介します!

実際に試行錯誤して、いろんな工夫をして得た経験ですので、これから結婚式を控えている方たちの役に立てればいいなと思います。

ウェディングサイトの特典を利用する

様々なウェディングサイトがありますが、そのサイトごとに、結婚式場の特典があります。

私はマイナビウェディングから式場の予約をし、成約したので特典がつきました。

3つの中から選べるというものでしたが、ゲストに還元できるものが良いと思い、デザートビュッフェ人数分プレゼントにしました。

ただし、レビューの投稿を求められたので、特典をもらうために何か条件がある場合は確認しましょう。

 

持ち込み料がかからない会場を選ぶ

最近ウェディングアイテムのDIYが流行っていますよね。結婚式場はいろんな会社と提携しており、アイテムによって持ち込み料がかかる場合があります。

これは手作りしたい、他で購入したいと考えているものがあれば、まずは確認しましょう。

比較的小物類はOKの場合が多いのですが、カメラマンやヘアメイク、引出物は持ち込み料がかかる場合が多いです。

新郎新婦の友人にカメラマンやヘアメイクさんがいらっしゃる場合は、特別にOKになる場合もあるので、プランナーさんに交渉してみましょう。

私たちは交渉して、ヘアメイクさんも一部入ってもらうことが出来ました。とりあえず相談してみることが大事!

 

ドレスの小物は自分で用意する

ドレスは式場の提携ショップでレンタルされる方が多いと思いますが、小物は提携ショップでのレンタルや購入はかなり高いです。
ドレス以外に必要となるのは、

  • ヘッドドレス
  • アクセサリー
  • グローブ
  • インナー

こんな感じですね。

小物合わせが、結婚式の2か月くらい前に行われて、もし小物を用意していない場合は、その場でレンタルや購入を勧められます。

私はグローブとインナーを用意してなかったので色々勧められましたが、かなり予算オーバーになりそうでしたので、自分でネットで購入しました。

インナーはサイズがわからない方もいると思うので、試着の際担当の方にサイズを聞いておくことをおすすめします。

グローブもインナーも一度しか使わないものなので、メルカリなどのフリマアプリにもたくさん出品されています。
中古でも気にならない方は、そちらで購入するとかなり節約になります。(私も出品しました!)

 

会場装花は予算を決める

けっこう見落としがちなのですが、装花は思った以上にお金がかかります。

打ち合わせ時に実際の例などをたくさんご紹介いただくので、自分たちの希望を伝えて見積りを作ってもらうと…とんでもない金額になりました(笑)

私たちはゲストのおもてなしを第一に考えていたので、メインは予算少なめにし、、各テーブルは少し多めの予算で再度見積りを作ってもらいました。

予算を伝えておけば、高くなることはないですし、イメージに近い状態で作ってくれるので安心です。

 

ペーパーアイテムは自分たちで用意する

これも意外とお金がかかる項目です。

最近はネットでキットが購入できるサイトも増えていますので、持ち込み不可でなければ自分外部の業者に頼むか、自分たちで作成すると良いでしょう。

では、実際に私たちが用意したペーパーアイテムを紹介したいと思います。

招待状

PIARYというサイトで招待状を購入しました。

招待状の内容はテンプレートを使い作成、宛名は無料で印刷ができたのでの宛名印刷までお願いしました。

招待状の組み立てや封入などは全て自分たちで行いますが、クオリティは良いのでおすすめです。

 

プロフィールブック(メニュー)

二人ともイラストレーターが使えるので、自分たちで一から作ってみました!

それなりに時間はかかりましたが、招待客の直前の欠席もあったので、自分たちで修正できたのはよかったですね。

(自分たちで作るにせよ、依頼するにせよ、緊急で修正しなきゃいけない場合どうするのか、という部分も考えたほうが良いですね)

席札

革のタグにイニシャルを入れたものを席札代わりにしましたが、メッセージも書きたかったので、紙の席札も用意しました。

これは自分たちでデザインし自宅で印刷しました。

 

まとめ

今回は、私たちが実際行った節約術で、誰でもできそうなものをメインにご紹介しました。

ゲストに関わるものやこだわりたいものにはお金をかけ、そうでないものは手作りするなど、メリハリをつけることが結婚式費用を抑えるポイントだと思います!

これから結婚式を挙げる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

では、かーこでした!

コメントを残す