考えるのが苦手で仕事が進まない人は、すぐ「書く」べき!

write_top

どうも。N-OTTERS旦那のれおです。

僕はよく考え事をするのですが、考え事が得意なわけではありません。考えれば考えるほど、ドツボにはまってしまい、考えただけで何もせず終わってしまうことが多々あります。

これが仕事となると結構致命的なんですよ。

新しい企画やったり、案だったりを一生懸命考えるんですが、結果考えただけで、何一つ進まずにその日を終えてしまう。。

僕と同じように考え事はよくするけど、その後何もせずに終わってしまって困っているという方は、考えることと一緒に、その考えを書くということを徹底してみましょう

なぜ考えるだけで何も出来ずに終わってしまうのか

write_01

考えはするけど行動に移せないという方、多いですよね。

中には色々考えてすぐに行動してしまう人もいますか、それは少数だと思います。

なぜ考えただけで何もせず終わってしまうのか。それは厳密に言うと考えることも行動の一つであるからです。

考えることにも相当なエネルギーを必要とします。

色んな空想妄想を働かせて、脳内で色んなことを思い浮かべるわけですから、そりゃ疲れます。

結果、色々考えたことだけに満足してしまって、疲れてしまう。

そして何もせずに終わってしまう、という流れです。

心当たりのある方、いませんか?

じっと頭の中で考える…はダメ!

write_02

考えているだけでは、何も起きない。

考えること自体は素晴らしいと思うんですけど、西田頭の中で考えているだけではなかなか物事は進みません。

大事なのは考えた次のこと。考えて、練りだした案を実行しないと何も始まりません。

そのためには、どうすれば良いか。考えることをやめる?いいえ。考えること自体はとてもいいことなので、これは継続しましょう。

大事なのは考えることと一緒に、考えていることを書くということです。

考えていることをすべて書く。

write_03

考えたことは、すぐに書く!

なぜ考えることをすぐに書き出さなければいけないのか。

それには、書き出さなければ得ることが出来ないメリットが多くあるからです。

これらを把握出来ているかで、考えたことを行動に移せるのかどうか、決まると言っても過言ではありません。

頭の中の容量を増やす。

タスク管理の概念の中にGTDという方法があります。

全てを説明すると長くなってしまうのですが、このGTDの方法の中には、頭の中にある情報をすべてアウトプットするという方法があります。

つまり、頭の中にあるものを全て書いてしまい、頭の中に置いておく必要をなくすんです。

すると、頭で考えている必要がなくなり、より多くのことを考えられるようになったり、脳の負担が和らぐんです。

考えるだけで行動できない人にもオススメの方法がこれ。

考えるだけではなく書くことで、脳に負担をかけながら考えることをやめることができます。

脳が疲れきって、考えるだけで行動せずに終わるということも少なくなりますし、必要なことを、都度都度考えられるようにもなります。

脳のためにも、書き出すという行為はとても大事なんですね。

自分の目で考えを確かめる。

頭の中だけで考えているだけでは、本当の自分の考えを理解することはできません。

例えば今日の献立の事を考えてたとしましょう。夕食の献立ですね。

ご飯ものがいいかな。。それとも、パスタか麺にしようかな。。いやいや、子供のにしてたくさん食べれるようにしようかな。。

と色々なジャンルの献立を比較して考えていたとしましょう。

実際比較していたように思えるんですが、だんだん最初に考えていたことを忘れてしまったり、結局何も進まずに終わってしまうということもあります。

それを避けるために書くことが大事なんです。

自分の思っていたことを全てを把握できますし、無駄なく考えていたことを行動に活かすことができますから。

書いて初めて分かることがある

書くことで、自分の頭の中にあるものがなんなのか見ることが出来ると同時に、そこから新しいアイディアが生まれることも少なくありません。

考えるだけでは進まない。書く行動を取る。

考えることは決して無駄ではありませんが、考えて終わることほど無駄なことはないと思っています。良いアイディアだけでは何も始まりません。行動があってこそアイディアが生きるというもの。

考えた後にまず出来る行動というのが、書くということなんです。頭で考えているだけでは実行するやる気もなかなか起きてきませんし、それだけで終わる可能性は高いもの。

それを防ぎ、ちゃんと実行する為に。まずは書く、書く!

これを癖付けることが大事です。

考えながら書く癖を付けよう!

最初は文字にすることも、書くことすら面倒くさいかもしれません。

しかし、一度書き始めてみれば自然と気分がノってきますし、何より「考える→書く」という行動をワンセットにして癖付けてしまえば、考えたことをしっかり行動するという流れが生まれます。

意識して行動するということは、結構大変なもの。だからこそ、「考える→書く」を自然な流れにして、よりストレスなく行動までつなげられる様にするのが大事なんです。

僕自身、これを癖付ける様になってから、以前よりも考えるだけで何もせずに終わる、ということが激減しました。

僕と同じ様に、考えても考えても何も出来ない…ということに悩んでいる方。ぜひ「書く」までを行って、スムーズに行動出来るきっかけを作ってみてください!